定期預金と比べてみよう

資産運用や投資となると、なかなか知識がないとできないイメージかあります。また難しそうなんてイメージもあります。そうしたことから、銀行の方が利用しやすい、預金でいいなんて声もよくあります。
しかし、今だとインターネットで自分でも調べれられるようになりました。すると内国債と定期預金どちらがいいのかなんて声もでてくるようになりました。

定期預金がしやすくていい。手軽さがあるのはこちらだ

多くの人は、給料の受け取りで銀行を使っています。よく会社指定の口座を新人の頃に作った経験ありませんか。その時に定期預金を勧められたなんて経験ありませんか。
一連の流れで、定期預金まで手続きしたと言う人もいるはずです。確かに普段使っているのですから、銀行員も親切丁寧に対応してくれるでしょう。

銀行だと定期預金をしても、途中解約することが可能です。それがあるので、とりあえずということでもしやすくなっています。
金利については、固定金利が採用とされています。大きな利息にはなりにくいかもしれませんが、無駄にしないようにするには、いい手だと言えます。なお、途中解約すると、その解約に対応した金利が採用されるので、要注意です。
そして、万が一倒産したときには、全額保証とはいかないので、不安は残ります。

内国債を買ったときの金利やリスクはどうなるのか

内国債は、個人向けや通常の場合でも変わってきます。個人向けだと変動金利であったり、通常の場合だと固定金利と変わってきます。
また、解約については通常は不可で、個人向けは可能となります。ただし、解約したときには、金利はもらえなくなります。つまりはペナルティが課せられるというわけです。
なお、国が相手となるため倒産はほぼ考えにくいです。つまりは何かあるとは思えません。とはいえ、万が一何かあったとしても、元本はかならずしも保証されてはいませんが、まずないでしょう。
安全性では、銀行よりも高く、また金利も高いので、利益としてはこちらがお得です。
ただし、証券会社選びなどあるので、手軽さはありません。

利益に重点を置くのか、手軽さで選ぶのかで変わってきます。こうした比較をしてから選んでいくようにしましょう。銀行や証券会社と相談から始めてみてもいいでしょう。